東京都品川区東品川海上公園にて「目黒川流域交流会」主催により、「目黒川生きも調査とEボート体験」が開催されました。
当会も、「勝島運河倶楽部」「なぎさ会」「NPO法人目黒川五反田協議会」と一緒に協力させて頂きましたで当日様子を報告いたします。

当日は、地域親子連れ方々を中心に、約70名方にご参加頂きました。

主催者挨拶、注意点など説明後、まずは目黒川沿いを歩いて清掃。清掃活動に奮闘する子ども達は、沿川お年寄りから、盛んに声援がおくられていました。短い時間でしたが、ポリ袋で約6袋分もゴミが集まりました。

続いて、目黒川生きも調査を目的に、恒例ハゼ釣り体験を行いました。勝島運河倶楽部皆さんによる釣り指導を受け、釣り竿を配布。子どもたちは、つぎつぎと、トビハゼなどを釣り上げました。

また、並行して、災害時などで救助艇として役割も期待される、Eボート体験も行いました。普段は立ち入る機会無い目黒川中から風景に、子ども達からは大きな歓声があがりましたが、反面、大人からは、慣れないオール漕ぎ疲れからか、腕があがらない、と声もあがりました。

今回行事は、「子どもゆめ基金」助成を受け実施しました。ありがとうございました。

※東品川海上公園で釣りは禁止されています。今回は、品川区から特別に許可を受け実施したもです。